伊香保温泉 かのうや ブログ

かのうやより最新情報、地域のお得な情報などお届けいたします

時沢大根 2017

2017年12月6日

ご無沙汰しております、【伊香保温泉 景風流の宿 かのうや】のブログ担当、カノンです。伊香保ではすでに1度、僅かながらも雪が降り、長い長い冬季の幕開けに、寒さと恐怖に震えております。

さて、ここ数年、当館【かのうや】の年に1度の恒例行事になりつつある“大根掘り&漬け”。2017年も植えられた畑に従業員が出向き、えっさほいさといたしてまいりました。

“大根”とひと口に申しましても、種類は実にさまざま。日ごろ、スーパーなどでよく見かける青首大根ほか、首元まで白い練馬大根、中央部分が膨らんでいるのが特徴の、練馬大根を改良した三浦大根や、ごぼうのようにほっそりとした守口大根……など、生産される地名が名づけられたものも多くございます。

(三浦大根 「三浦市農業協同組合」HPより)

(守口大根 「JA愛知北」HPより)

毎年、当館【かのうや】が掘り、そして、漬けている大根も上に同じ。当館がございます群馬県渋川市伊香保町から車で40分ほどに位置する同前橋市富士見町の時沢という地域。そちらで栽培されている大根が“時沢大根”であり、皮は薄く、食物繊維が豊富で歯ごたえのある食感が特徴です。しかし、時沢のそこかしこで作られ、出荷されているわけではありません。

かつては積極的に作られ、昭和30年代には、首都圏にも多く出荷されていた時沢大根。ですが、生産者の高齢化、養蚕産業への移行などにより、栽培する農家がどんどん少なくなっていったそうです。

けれども、時は過ぎ2007年、時沢大根が途絶えてしまわぬようにと、時沢大根復活プロジェクトチームが発足。富士見商工会などが中心となった同チームにより、準備期間を経、2011年、本格的に栽培が始まりました。

このプロジェクトは栽培だけでなく、近くの学校に通う生徒に向け体験学習を行うほか、伊香保温泉の旅館と提携をするなど、周囲を巻き込み時沢大根を広めております。

お察しのとおり、当館もそのうちのひとつ。“巻き込まれている”というと聞こえが悪いですが、正確には確かな味にこちらから“巻き込まれに行ってる”。でなければ、恒例行事にもなりません。

すべては、当館にお越しになられたお客様に喜んでいただくべく……。

申し遅れましたが、収穫し、漬けた大根は、当館のご夕食、ないしはご朝食時に、主にお漬物としてお客様にお出ししております。ゆえに、責任を持って自らの手で掘り、また漬けているのです。

長くなりましたが、今年も収穫と、漬ける作業を行ってまいりました。その時の様子をお写真でお楽しみいただければと存じます。カノンは行っておりませんがね。

仕事と仕事の合間でも「GOOD HOLIDAY」

さっきからなにがそんなに面白いのでしょうか

生産者の写真付の野菜とか売られていますよね

浴槽泥落とし

葉縛り

赤城颪(おろし)の寒風と天日干すこと2~3週間で味が凝縮

糠(ぬか)の調合

“ぬか”りなくこういうのも入れる

パズルのように並べる・糠・パズルのように並べる・糠……

容器いっぱいに詰めたら体重をかけながら笑う

食べごろになり始めるのは、水が上がってくる2~3週間後から。完成した時沢大根のお漬物を、是非、当館でお試しくださいませ。

待ってんべぇ!